‘機織り 教室案内’ カテゴリーのアーカイブ

いよいよ教室の作品展も来月と迫り、各クラスともラストスパートです。

この日も、生徒さんが織っている着尺の後ろがだんだんと見えてきて、いよいよ織り上がりです。

リズムよく織れるようになり少し寂しい気もしますが、嬉しい瞬間です。

この投稿の続きを読む »

二月に入り、寒い日が続いております。

本日の大間々校も、埼玉や東京に比べると少し雪が残っておりますが、車で来るのにも問題なく、皆さんいらしております。

ただ季節柄風邪の方も多く、お休みの方もチラホラ。

さて、本日は大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

この投稿の続きを読む »

丹治先生がオーストラリアに着いてから6日が経ちました。

普段慣れない海外での生活に少し戸惑いもあるかもしれませんが、日々のワークショップやオーストラリアの方の歓迎ぶりに、充実した日々を過ごしているようです。送られてくる写真からたくさんの笑顔を拝見できました。

日曜日に日本に帰国してくるので、またその様子を皆さんにもお知らせしたいと思います。

さて本日は、日曜日の大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

大間々校は現在10名。群馬以外にも埼玉や栃木からこの教室に通っています。

ご自宅に織機がある方も多く、授業の前には織り上がった作品のお披露目会も…

綴織で額装に…絵本を題材に風景の移変りを上手に表現しました。

この投稿の続きを読む »

糸から染めて、準備から織りまで…

生徒さんが自分で織った絹の着尺が織り上がり、着物へと仕立て上がってきました。

織っているときとは異なった表情を見せる着物を羽織り、皆さんの前でお披露目です。

織る大変さを知っているみんなと喜びを共有でき、うれしさもひとしをですね。

この投稿の続きを読む »

7月も中旬…暑い日が続き、そろそろ梅雨明けも近づいてきたようですね。

群馬県の大間々校は、桐生市の隣町のみどり市に位置し、周りは山々に囲まれ、東京・埼玉よりほんの少し涼しく感じられます。

さて、本日はそんな大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

現在生徒さんが織っている作品は着尺や帯、ショールなど皆さんバラバラ。

また珍しいことに、織っている方は少なく、準備段階の作業も皆さん異なる作業をしておりました。

それぞれの生徒さんの作業を、織るまでの工程順に紹介したいと思います。

↑まずはじめに行うのが設計です。糸の必要量や、組織図などを計画します。

この投稿の続きを読む »

公式facebookページ