‘オーバーショット’ タグのついている投稿

四月に入り、新年度が始まりました。寒い日が続きますが、桜も予定より長く見れそうで春らしさを実感しております。

また新元号が【令和】と決まり、新しいときを迎えます。これから少しずつ馴染んでいくことでしょう。

さて、本日は東京校の様子を少し紹介したいと思います。

新年度はじめの授業は、水曜日Aクラスから始まりました。

水曜日クラスは、ベテランの方から初心者の方まで幅広く在籍しております。

この投稿の続きを読む »

今週からいよいよ新年度が始まりました。東京もいよいよ桜が満開、今週が見頃ですね。

さて、はたおとも賑やかに各クラス今年度の授業が始まっております。

今回は、毛呂山校の様子を少し紹介したいと思います。

この投稿の続きを読む »

日曜日の教室で今年のはたおとの授業は終了です。

今年一年はさまざまな特別講習や新潟への研修旅行と、盛りだくさんな一年となりました。

そして来年は新しいイベントも考えておりますので楽しみにしていてください。

さて、前回に引き続き今回も生徒さんの作品を紹介したいと思います。

今回は、専修科・研究科の生徒さんの作品です。

専修科では、綴織・八寸名古屋帯・二重織り・絹の着尺などを織っていきます。

この投稿の続きを読む »

お盆休みも終わり、今週から各教室の授業が再開しました。

今回は、前回の大間々校に引き続き、東京校の金曜日クラスの様子を紹介したいと思います。

日中の金曜日クラスは、Aクラス、Bクラスと2クラスあり、それぞれ隔週で月2回の授業があります。

各クラス13名…

生徒さんはそれぞれカリキュラムに沿って織っていき、研究科の方は自分の好きな織り方に挑戦しています。

このクラスは着尺や帯を織っている方が多いです。

この投稿の続きを読む »

昨日から7月に突入…

あっという間に今年も半分が過ぎ、教室では作品展を開催したり、新しい生徒さんの入学も多く、慌ただしくも充実した半年でした。

7月以降は、特別講習やイベントをより多く開催できればと思っております。新しい取り組みとしては、紙布づくりや着物のイベントなどを考えてますので、是非楽しみにお待ちください。

さて、先月もたくさんの生徒さんの作品が織り上がりましたので、少し紹介します。

【初等科】

初等科の最初の作品では、ランチョンマットやバック地などを織ります。

初めての作品ですが、糸の設計、整経〜織りまで一から学び作品をつくります。

まずは織り機の扱いに慣れるのが一番の目的です。

色違いでセットのランチョンマット。

きれいな綾織りのテーブルライナー。

緯糸を二色にした縞のバック。久しぶりのミシンだったそうですが、きれいに仕立てあがっていました。

【専修科 縫取り】

縫取りでは、課題の図案と自由な図案を、織りだしていきます。

蝶とチューリップがセットになっているクッション。色合いが鮮やかですね。

【専修科 二重織り】

二重織りでは、マフラーや袋物などを織ります。

アルパカの糸は、口の開きが悪く苦労していましたが、肌触りの良いマフラーが完成しました。

【研究科】

研究科では、様々な織り方に挑戦します。着尺を織る方も多いですが、ショールや敷物などの作品も人気です。

綟り織りのショール。透け感と色合いが涼しげですね!

オーバーショットの敷物。裏表の柄を組み合わせて、素敵です!

来月もたくさんの作品が織り上がるの楽しみにしています。

公式facebookページ