‘着尺’ タグのついている投稿

8月ももう終わりを迎え、今年の夏は例年より暑い日が続きました。

毎年、今年の夏は暑かったと言っているようで、この暑さが異常ではなく日常になりそうで怖いものです。

そんな暑い8月はインド藍による染色を行いました。

暑い時期には、火を使わない化学建での藍染をします。

この投稿の続きを読む »

本日は、毛呂山校の開講日…

埼玉の毛呂山校は週に二度授業があり、木曜日と土曜日に皆さんそれぞれのクラスに通っています。

また毛呂山校では時々、自分で織った着物や帯を着て教室に来てくれる方もおり…

この日も素敵な着物姿をお披露目です。さすが自分で織った帯、お似合いですよね!

この投稿の続きを読む »

二月に入り、寒い日が続いております。

本日の大間々校も、埼玉や東京に比べると少し雪が残っておりますが、車で来るのにも問題なく、皆さんいらしております。

ただ季節柄風邪の方も多く、お休みの方もチラホラ。

さて、本日は大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

この投稿の続きを読む »

糸から染めて、準備から織りまで…

生徒さんが自分で織った絹の着尺が織り上がり、着物へと仕立て上がってきました。

織っているときとは異なった表情を見せる着物を羽織り、皆さんの前でお披露目です。

織る大変さを知っているみんなと喜びを共有でき、うれしさもひとしをですね。

この投稿の続きを読む »

7月も中旬…暑い日が続き、そろそろ梅雨明けも近づいてきたようですね。

群馬県の大間々校は、桐生市の隣町のみどり市に位置し、周りは山々に囲まれ、東京・埼玉よりほんの少し涼しく感じられます。

さて、本日はそんな大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

現在生徒さんが織っている作品は着尺や帯、ショールなど皆さんバラバラ。

また珍しいことに、織っている方は少なく、準備段階の作業も皆さん異なる作業をしておりました。

それぞれの生徒さんの作業を、織るまでの工程順に紹介したいと思います。

↑まずはじめに行うのが設計です。糸の必要量や、組織図などを計画します。

この投稿の続きを読む »

公式facebookページ