‘化学染め’ タグのついている投稿

GW染色実習3日目は帯用絹糸の染色。

専修科のカリキュラムである、八寸名古屋帯(角帯)の糸染めを行います。

使用する糸は、経糸は絹平巻、緯糸はふい絹。

経糸は1色、緯糸は3色使い、それぞれが設計した色の糸へと染めます。

木綿の着尺の糸染め以来の染色の方もおり、最初は恐る恐る糸染めの開始…

この投稿の続きを読む »

ゴールデンウィークも終え、教室もいつも通り開講中。

今回のゴールデンウィークは、染色実習が続きたくさんの種類の糸染めをしました。

前回のブログに続き、今回も染色の様子を紹介したいと思います。

ゴールデンウィーク二日目は、木綿の着尺用の化学染め。

高等科のカリキュラムである木綿の着尺は、縞の設計から糸染め、機ごしらえ、そして織りまで行う大作。

この投稿の続きを読む »

専修科のカリキュラムには八寸名古屋帯(男性の方は角帯)があります。

このカリキュラムでは、お太鼓柄を縫い取りによって織りあらわします。

柄の模様は人それぞれ。幾何学模様を織ったり…

この投稿の続きを読む »

前回のブログの続きで、木綿着尺の染色当日…染色は埼玉の毛呂山校で行います。

はじめに、教室にて染色についてのレクチャーを。

この投稿の続きを読む »

ゴールデンウィーク中には、埼玉の教室では染色実習がたくさんありました。

初めての草木染めや、ぼかし染め、化学染料による染色(木綿着尺)などなど…

今回は、高等科のカリキュラムである木綿の着尺の染色実習を紹介したいと思います。

午前中に、自身で設計した着尺の縞の色を、先生と相談しながら染料をどれくらい使うか計算します。

この投稿の続きを読む »

公式facebookページ