‘機織り’ タグのついている投稿

暖かい日が続き、もうすぐでゴールデンウィーク…

しかし今年のゴールデンウィークも緊急事態宣言が発令され、不自由な休日を過ごすことになりそうです。

教室は元々ゴールデンウィーク期間中はお休みになりますのが、今後の動向に注意を払わなければなりません。

さて、教室でもアルコール消毒や換気を行いながら開講しておりますので、その様子を少し紹介したいと思います。

この日は、金曜日B クラスの授業。

教室に参加している生徒さんも、住んでいる場所や状況によって何名かお休みしております。

↑織っている作品も皆さんバラバラ。こちらは高等科のカリキュラムの柄織りを織っています。

ここでは縞をつくったり、組織も少し複雑になります。

↑高等科のカリキュラムのノッティング。ハマナカのドリーナを経糸に結び、図案通りに織っていきます。

↑高等科カリキュラムの木綿の着尺。糸染から織りまで行うので、一から作品づくりできます。

お子さんの服地になる予定です。

↑専修科最後のカリキュラムの絹の着尺。草木染めで糸も染め、今は仮筬

研究科の方も多く、皆さんそれぞれの作品に取り組みます。

↑麻糸と綿糸を使い、オーバーショット織りに挑戦中…

足の踏み方を間違えず、集中して織っています。

↑こちらもオーバーショット織り。ワンリピートが長いので、こちらの方が集中しないといけないですね。

↑最近流行りのレップ織り。織り方は平織ですが、色の切り替えが面白いです。

最近このクラスでは、高機を使わず机の上で織りを楽しむ方もいらっしゃいます。

↑Schacht製のタペストリー用の織機で、経糸の準備をしております。今は糸綜絖の準備中…

この織機では、綴織やノッティングなどが向いております。

また枠織りの準備をしている生徒さんもいらっしゃります。

↑キャンパスを貼るための木枠を購入し、これも織りの道具を作っています。

釘を金槌で打ち込み…

糸を固定する釘を打ち込み…

糸を貼ります。機織り教室で、トントンといつもと変わった音が鳴り響きました。

これから織りの工程です。

今年度最後の染色コース。

昨年4月より始まった染色コースですが、一年間の染色もこの日で終了…

一年のコースで、染色実習もスムーズに進み、糸の扱いも4月の頃とは別人のようです。

そしてこの1年間があっという間に感じます。(今年はコロナの影響でより早く…)

最後は、黒染めの染色実習でした。その様子を少し紹介したいと思います。

黒染めはいろいろな染料を使い染液をつくり、黒色へと染めていきます。

この投稿の続きを読む »

1月より新しいスタッフが2名増え、手織り教室はたおとも少しずつ活性化しております。

今は作品づくりや染色に精を出し、帯やショールなど新しい作品に次々とチャレンジしております。

作品づくりを通じて、これから皆さんのお力になると思います。

そんな中、4月より東京校 木曜日クラスを開講することとなりました。

木曜日Aと木曜日Bクラスの2クラスが新たに加わります。

どちらも10時〜17時の開講となり、Aが基本的には第一・第三木曜日、Bが第二・第四木曜日となります。

他のクラスは満席が多く、機織りに興味がある方は是非教室に見学に来てください。お待ちしております。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

新クラス

東京校 木曜日Aクラス 10時〜17時(第一・第三)

東京校 木曜日Bクラス 10時〜17時(第二・第四)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今月の染色は【梅】の草木染め

糸染めコースの染色実習も残り僅か…来月でいよいよ最後の実習となります。

そして来年度からまた糸染めコースが始まり、この一年の早さを感じます。

さて午前中はいつものように染料を煮出し、染液を作ります。

この投稿の続きを読む »

2021年より新しいスタッフが加わりました。

昨年までは、丹治先生・金井先生・小林先生・そして私で教室を行ってきましたが、今年より若い2人がスタッフとして加わりました。

まだまだ見習いではありますが、少しずつ皆様のお手伝いができればと思います。教室にも徐々に慣れてきました。

新スタッフの高橋さんは東京校をメインに、村田さんは毛呂山校、大間々校を担当します。

また作品づくりも、週一回染色実習をしながら取り組んでおります。

この投稿の続きを読む »

公式facebookページ