‘染色体験’ タグのついている投稿

12月に入り、日に日に寒さが増してきましたね。

毛呂山校(埼玉)の教室にも、この季節になると多くのゆずがなります。

ゆずの爽やかな香りは、料理の引き立て役として重宝されますね!

この投稿の続きを読む »

早いもので、今年もあと一ヶ月となりました。

今年一年は、作品展があったり、型染めの講習会やカラーコーディネートセミナーなど様々なイベントがありました。

来年も新しい講習を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください。

さて、先月もたくさんの作品が織り上がりました。

カリキュラムの初等科の作品を少しではありますが紹介させて頂きます。

【初等科】

初等科最初の作品では、ランチョンマットやバック地などを織ります。

最初は、織り機に慣れる事、そして織るだけでなく一連の準備をすることが大事となります。

初めてのことが多い機織りの準備ですが、試行錯誤しながら身体を動かしながら覚えていきます。

↑二枚をあわせて、小風呂敷が出来上がりました。

↑ステッチが白と黒でアクセントとなっていますね。

↑敷物は房の結び方も練習します。敷物も緯糸の種類や織り方によって、雰囲気が異なる作品となります。

初等科、二作目では綜絖の通し方も複雑になり、色々な組織を織り出していきます。

↑木綿だけでなく、毛糸の扱いも練習します。糸の性質が異なると扱い方や織り方も変化します。

これからの季節に実用的なマフラーが織り上がりました。

↑家具の寸法にあわせて、長さや色使いも設計しました。

↑洋裁の得意な生徒さんも多く、形も様々な素敵なバックに仕立てあがりましたね。

次回は高等科の作品を少し紹介します。

今年はじめの糸染めコースの染色は【紫根 しこん】の草木染めです。

紫根はアルコールに浸し、染液とします。

染色温度が60度を超えないように注意をして染色です。

染色、媒染を繰り返し、綺麗な紫色になりました。

染色コースもあと少しで一年間のカリキュラムが終わります。

この一年で色々な【色】の糸を染め、今後織のデザインの構想がひろがりますね。

今月のランチは、パスタと長芋のソテーでした。

暑かった8月も残りわずかですね。

最近も多くの作品が織上がり、作品に仕上がってきました。

少しではありますが、カリキュラム順に生徒さんの作品を紹介します。

【初等科】

こちらは第一作目の作品です。バックと余り生地でカード入れが完成しました。

自分で織った生地だと、余った生地も大事に使いますね!

平織りでバックを織りました。この作品も一作目ですが、緯糸を変化させることにより表情も変わっていきます。

上3つは、カリキュラム二つ目の作品です。それぞれ60種類の見本織の中から好きな柄を選び作品にしています。

色合いもひとぞれぞれ、出来上がる作品もひとそれぞれです。それぞれの個性がでていて素敵です。

【高等科】

高等科の最初の作品の柄織によるマフラーです。この冬に活躍しそうです。

ノッティングにより、椅子マットの完成です。

お二人とも現在は自分で染めた糸をつかい、着尺を織っています。

次回もまた生徒さんの作品を紹介します!!

先週末の染色は、草木染めの実習でした。

今回の実習は、はじめて草木染めをおこなう方を対象にした実習でして、草木染めの方法を理解し、染色を経験をすることを目的として行なっています。

はじめての草木染めですので今回はループヤーン、ロービングを染色しました。

この糸でショールなどを織ることができます。

ロービング、ループヤーン

まずは先生から草木染めの説明を受け、その後染材を選び染色の開始です。

草木染めは染材や媒染によって染まる色が異なるので、皆さん好みの色の染材を選びました。

今回は【樫】【よもぎ】【五倍子】で染色を行ないました。

よもぎ

皆さん今回がはじめての草木染めだったのですが、試行錯誤しながら楽しんでおりました。

媒染

媒染、染色を繰り返し完成です。

それぞれショールが織り上がるのが楽しみですね。

今後もこのような実習や、特別講習を開催予定です。

公式facebookページ