‘ノッティング’ タグのついている投稿

暖かい日が続き、もうすぐでゴールデンウィーク…

しかし今年のゴールデンウィークも緊急事態宣言が発令され、不自由な休日を過ごすことになりそうです。

教室は元々ゴールデンウィーク期間中はお休みになりますのが、今後の動向に注意を払わなければなりません。

さて、教室でもアルコール消毒や換気を行いながら開講しておりますので、その様子を少し紹介したいと思います。

この日は、金曜日B クラスの授業。

教室に参加している生徒さんも、住んでいる場所や状況によって何名かお休みしております。

↑織っている作品も皆さんバラバラ。こちらは高等科のカリキュラムの柄織りを織っています。

ここでは縞をつくったり、組織も少し複雑になります。

↑高等科のカリキュラムのノッティング。ハマナカのドリーナを経糸に結び、図案通りに織っていきます。

↑高等科カリキュラムの木綿の着尺。糸染から織りまで行うので、一から作品づくりできます。

お子さんの服地になる予定です。

↑専修科最後のカリキュラムの絹の着尺。草木染めで糸も染め、今は仮筬

研究科の方も多く、皆さんそれぞれの作品に取り組みます。

↑麻糸と綿糸を使い、オーバーショット織りに挑戦中…

足の踏み方を間違えず、集中して織っています。

↑こちらもオーバーショット織り。ワンリピートが長いので、こちらの方が集中しないといけないですね。

↑最近流行りのレップ織り。織り方は平織ですが、色の切り替えが面白いです。

最近このクラスでは、高機を使わず机の上で織りを楽しむ方もいらっしゃいます。

↑Schacht製のタペストリー用の織機で、経糸の準備をしております。今は糸綜絖の準備中…

この織機では、綴織やノッティングなどが向いております。

また枠織りの準備をしている生徒さんもいらっしゃります。

↑キャンパスを貼るための木枠を購入し、これも織りの道具を作っています。

釘を金槌で打ち込み…

糸を固定する釘を打ち込み…

糸を貼ります。機織り教室で、トントンといつもと変わった音が鳴り響きました。

これから織りの工程です。

今月で今年度も終了…今年度は様々なことが自粛となり、例年より思い出が少ない気もします。

学生の皆さんは卒業式の時期ですが、こちらも自粛が多く寂しいものです。

来年度は明るい話題が少しでもあるといいのですが。

さて本日は、生徒さんの作品を紹介したいと思います。

はたおとに入学して、一作目は【平織】や【斜文織】を使い、敷物やバック地を織ります。

↑この作品は、斜文織りでバック地を作ったのですが、なんと持ち手もカード織りで作成!!完全オリジナル作品。

この投稿の続きを読む »

2021年、明るい年になればという思いをもってスタートしましたが、新年早々緊急事態宣言から始まりました。

今回は前回の緊急事態宣言とは異なり、教室関係の規制はありませんが、感染防止対策をしっかりと行っていきたいと思います。

さて、本日は大間々校の様子を少し紹介したいと思います。

新年1回目の授業は、桐生市の舟定さんの【はたおと】というお菓子と前橋の【田中屋】の焼きまんじゅうがおやつで登場しました。

はたおとという名前にとっても親近感がわき、シナモンの香りがするおいしいどら焼きです。

この投稿の続きを読む »

手織教室はたおとには、様々なカリキュラムがあり、初等科〜専修科を経て研究科へと進んでいきます。

入学してどんな作品を織りたいのか、生徒さんそれぞれにいくつかの将来像があります。

草木染めの着物をつくりたい、大きなタペストリーを織りたい、マフラーを織りたいなどなど…

一方で、とにかく機織りをしてみたい!!自分で糸を選んで織ってみたい。と漠然な目標をもって始める方も多くいらっしゃいます。

教室では、カリキュラムを通じて様々な技法を学び、またその中で自分の好きな織りを見つけて進んでいく方もいらっしゃいます

今日は、生徒さんの作品を通じてはたおとのカリキュラムを紹介したいと思います。

まずはじめに織るのが初等科のカリキュラムの作品【三原組織】

↑斜文織でテーブルライナーを織ったり…

この投稿の続きを読む »

昨日は、群馬県の大間々校の授業の日。

この日は、初等科・高等科・専修科の修了証の授与から授業が始まりました。

カリキュラムを終えていくと、それぞれ各カリキュラムの修了証を生徒さんにお渡しします。

また専修科のカリキュラムと学科の授業を全て終えると卒業証書もお渡しします。

この投稿の続きを読む »

公式facebookページ