‘杉綾’ タグのついている投稿

 

2019年、今年も早いもので12月が近づいてきました。

令和という元号も、いつの間にか生活の中に馴染み、平成もほんの少し懐かしさを感じることもあります。

最近本当に一年一年が早く感じてしまう…

さて、本日は生徒さんの作品の紹介をしたいと思います。

↑初等科二番目の作品の見本織りから、お気に入りの組織を選び敷物を織りました。

この投稿の続きを読む »

昨日は、群馬県の大間々校の授業の日。

この日は、初等科・高等科・専修科の修了証の授与から授業が始まりました。

カリキュラムを終えていくと、それぞれ各カリキュラムの修了証を生徒さんにお渡しします。

また専修科のカリキュラムと学科の授業を全て終えると卒業証書もお渡しします。

この投稿の続きを読む »

前回の作品紹介に引き続き、今回は研究科の作品を紹介したいと思います。

カリキュラムが終わり、研究科になると皆さん取り組む作品もそれぞれ。

着尺を織る方もいれば、マフラーやバック地を織る方などもいらっしゃいます。

教室には、生徒さんの織った作品の糸や組織図の情報や端切れなどがたくさん残っており、生徒さんの織りたいものを見つける手助けとなってくれます。

例えばマフラーでも…

カリキュラムの一番最初で織った斜文織りでも、糸の種類や色合いの変化により、色々な表情を見せます。

この投稿の続きを読む »

今年も残すところあと1ヶ月となりました。

今年は作品展や、ちびっ子体験、染色体験など様々なイベントを

開催しました。来年も新たな試みのイベントを開催できればと思って

おりますので、是非楽しみにお待ち下さい。

それでは、今月も少しではありますが、出来上がった作品の紹介です。

↑初等科の作品のバックとマフラー。

初めての作品は、織り機に慣れ、仕組みを理解するが一番の目的!

難しくて思いどおりにならなくても、糸から布になる感動と、出来上がった

時の達成感はひとしおです。

↑こちらは高等科の木綿の着尺をシャツに仕立てました。

↑縫取りで織った敷物

↑二重織でバックと小物入れをつくりました。

麻のショール

杉綾のマフラー

研究科になると自分の好きな物に挑戦をしていきます。

公式facebookページ